• 永森 咲希

ドラセナの開花

最終更新: 2019年2月12日


13年前に我が家にやってきた「ドラセナマッサンゲアナ(幸福の木)」が、猛暑突入前に花を咲かせました。10年前にこの場所に越してきてからこれで3回目。



夕方から花開き、夜香りを放ち、朝はまた閉じるというサイクルのドラセナ。開花時期は、家がその強く甘い香りに包まれるほど、とにかく夜の香りの強さは強烈です(南国の花の香りのようで私は大好きですが)。



放任主義にもかかわらず我が家のドラセナの開花率が高いのは、彼女(なんとなく女子と思って育ててきた)のいる場所が、吹き抜けの天窓から1日中陽が当たる、彼女にとっての特等席だからかな。



最近、茶話会に参加される方が増えています。悩みや苦しさを抱えながらも元気に生きたいと思う、笑顔が素敵な方々ばかり。



時間がかかったとしても、ご自分の花を咲かせるために、陽を浴びながら、良き場所を探し続けていただきたいなと、そんなことを夜な夜な思うドラセナ開花の時期でした。



永森咲希

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示